クラウドファンディングの意味とは?【保存版】基本用語もわかりやすく解説

    Meaning-of-crowdfunding

    「クラウドファンディングの意味が知りたい!」
    「クラウドファンディングって誰でも挑戦できるのかな?」
    「成功事例にはどのようなものがあるのだろう?」

    東日本大震災以降、広く認知されるようになったクラウドファンディング。最近は金融型も増えてきて、ますます身近な存在になりつつあります。

    とはいえ、クラウドファンディングにはさまざまなタイプがあり、その詳細まで理解している人は少ないのではないでしょうか。

    この記事では、クラウドファンディングサポートのプロとして累計支援金総額1.3億円、総支援者数1.7万人の実績を持つ私が、以下の内容について解説します。

    • クラウドファンディングの意味や基本用語
    • クラウドファンディングの種類
    • 実行者と支援者それぞれの期待できる点と注意すべき点
    • 実行者と支援者それぞれの流れ
    • クラウドファンディングの主なサイト
    • 見返りの例
    • プロジェクトを成功させる3つのコツ
    • 成功事例3選
    • よくある質問

    本記事を読めばクラウドファンディングの基礎を幅広く学べます。ぜひ参考にしてみてください。

    記事構成・監修
    • 2014年から
      クラウドファンディングページを制作
    • 携わったプロジェクト数は約90PJ
    • ご相談件数は約280件以上
    • 累計支援金総額1.3億円、総支援者数1.7万人
    合同会社あおに 堀川です

    記事構成:合同会社あおに 堀川雄一
    ライター:たなべようこ

    クラウドファンディングに挑戦
    記事に迷ったら上から順にお読みください

    1. クラウドファンディングの意味とは?【保存版】基本用語もわかりやすく解説
    2. クラウドファンディングの仕組みとは?を簡単に解説!
    3. 融資とクラウドファンディングの違い!知っておくべき資金調達
    4. クラウドファンディング市場規模!国内調査
    5. クラウドファンディングサイトのおすすめは?
    6. クラウドファンディングサイトをタイプ別に徹底比較!おすすめサイトは?
    7. クラウドファンディングのメリットとは!【必見】失敗しないコツ7つ
    8. クラウドファンディングのデメリットを最小限にする方法とは?【徹底解説】
    9. クラウドファンディングは難しい?意味を理解しないと失敗する理由
    10. クラウドファンディングの成功例!プロジェクトを達成する極意
    11. クラウドファンディングのやり方とは?始め方のコツを10の方法で解説
    12. クラウドファンディングにコンサルタントは必要?選び方7つのポイント
    13. クラウドファンディング代行は依頼するべき?費用やサポート内容をチェック
    14. クラウドファンディングをビジネスで活用【注目】成功事例をまじえて解説!
    15. クラウドファンディングの見返りを学ぼう!タイプ別の仕組みから注意点まで
    16. クラウドファンディングのリターン(お返し)の相場は?ポイントを解説
    17. クラウドファンディングで商品を購入する方法【簡単・安全】
    18. クラウドファンディングの成功率を高める!失敗例から施策まで解説!
    19. クラウドファンディングページ作成!読みたくなる3つのコツ
    20. クラウドファンディングが達成しなかったら?【プロが教える】5つのリスクへの備え方
    21. クラウドファンディングでトラブルを回避するための基礎知識と具体事例
    目次

    クラウドファンディングの意味とは

    ここでは、クラウドファンディングの意味と歴史について解説します。

    クラウドファンディングとは

    クラウドファンディングとは、インターネットを利用して不特定多数の人に資金提供を呼びかけ、賛同した人々から資金を調達する仕組みのことをいいます。

    how_cf_2

    群衆(Crowd)と資金調達(Funding)を組み合わせた造語で、日本ではクラファンと呼ばれることもあります。

    クラウドファンディングは信用力を重視する金融機関の融資とは異なり、プロジェクトに対する「熱い想い」があれば誰でも挑戦できるのが特徴です。

    クラウドファンディングの仕組みについては、関連記事「クラウドファンディングの仕組みとは?を簡単に解説!」でも詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

    クラウドファンディングの歴史

    クラウドファンディングの原型は意外と古く、鎌倉時代に東大寺の再建費用を工面するため寄付を募ったのが発端だといわれています。

    インターネットを利用した現代型のクラウドファンディングは、2011年の東日本大震災の際に復興支援目的で多くのプロジェクトが立ち上がり、広く認知されるようになりました。

    その後は、次々と新しいクラウドファンディングサイトがサービスを開始しています。2014年には政府の規制緩和に伴って投資型クラウドファンディングも登場し、市場規模はますます拡大しています。

    クラウドファンディングで押さえておきたい基本用語の意味

    ここでは、クラウドファンディングの説明でよく出てくる基本的な用語の意味を解説します。

    プロジェクト

    クラウドファンディングで目的を達成するための計画全体

    実行者(起案者)

    プロジェクトを立ち上げて出資を募る人

    支援者

    プロジェクトに賛同して出資する人

    プラットフォーム

    クラウドファンディングサイト

    リターン(見返り)

    プロジェクトに支援してくれた人へのお返し

    キュレーター

    プロジェクトをサポートしてくれる、クラウドファンディングサイトのスタッフ

    ストレッチゴール

    目標金額達成後、追加で資金を募るために設定するもう1段階高い目標金額

    これらの意味を押さえたうえで、クラウドファンディングの種類や仕組みについて理解を深めていきましょう。

    クラウドファンディングの種類とそれぞれの意味

    クラウドファンディングは、リターンの内容によって5種類に分類できます。

    種類主な特徴リターン
    購入型2種類の実施方式があるモノやサービス
    寄付型法人は寄付金控除が受けられるなし
    株式投資型非上場企業の株主になれる非上場企業の株式
    不動産投資型投資家から集めた資金を不動産に投資分配金(売買益や家賃収入などの利益)
    融資型投資家から集めた資金を企業に融資返済金(利子を含む)

    上の表のほかにもさまざまな分類方法があり、たとえば株式投資型・不動産投資型・融資型の3つは、まとめて金融型と呼ばれることもあります。

    5種類あるクラウドファンディングのうち、最もポピュラーなのは購入型で、一般的にクラウドファンディングといえば購入型を指す言葉として認識されています。

    購入型には以下の2種類の実施方式があります。

    All or Nothing方式(達成時実行型)

    目標金額を達成した場合のみ支援金を受け取れる

    All in方式(実行確約型)

    目標金額の達成・未達成にかかわらず支援金をすべて受け取れる

    All or Nothing方式で達成できなかった場合、支援金は全額支援者に返金されます。また、All in方式で目標未達成だった場合は、支援金が少なくてもリターンを実施しなければなりません。

    クラウドファンディングを利用する場合は、どちらの方式か必ずチェックしておきましょう。

    【実行者】クラウドファンディングに期待できる点と注意すべき点

    実行者の立場からみたクラウドファンディングの特徴を「期待できる点」と「注意すべき点」に分けて解説します。

    実行者が期待できること

    クラウドファンディングに挑戦してプロジェクトを立ち上げると、以下を期待できます。

    • 資金調達
    • テストマーケティングとして活用
    • ブランディング戦略の一環として活用
    • 商品やサービスのPR

    クラウドファンディングは単なる資金調達手段としてだけでなく、マーケティングツールとしても広く利用されています。ビジネス手段としてうまく活用できれば、低コストで大きな効果を期待できます。

    なお、クラウドファンディングのメリットについては関連記事「クラウドファンディングのメリットとは!【必見】失敗しないコツ7つ」にて詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

    実行者が注意すべきこと

    プロジェクトを立ち上げる場合は、以下の点を理解したうえで挑戦しましょう。

    • 資金調達できない可能性がある
    • 時間と手間がかかる
    • 一度始めると原則中止できない
    • 手数料が必要

    クラウドファンディングを成功させるには知識と経験が不可欠なため、経験者からアドバイスを受けて挑戦されることをおすすめします。

    弊社あおにでは「30分無料オンラインミーティング」を実施しています。クラウドファンディングのビジネス活用に関心のある方は、ぜひ気軽にお申し込みください!

    なお、クラウドファンディングの注意点は、関連記事「クラウドファンディングのデメリットを最小限にする方法とは?【徹底解説】」でも詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

    【支援者】クラウドファンディングに期待できる点と注意すべき点

    プロジェクトを支援する場合は、どのようなことが期待できるのでしょうか。また、注意すべき点もあわせて解説します。

    支援者が期待できること

    プロジェクトに出資した場合は、以下の点を期待できます。

    • 魅力的なリターンを期待できる
    • 応援したいプロジェクトに貢献できる
    • 投資型の場合、投資機会が得られる
    • 寄付型の場合、寄付金控除を受けられるケースがある

    社会的意義のあるプロジェクトを応援すると、社会貢献している満足感が得られます。これは、支援者の大きな醍醐味だといえるでしょう。

    支援者が注意すべきこと

    クラウドファンディングでプロジェクトを支援する場合は、以下の注意点を押さえておきましょう。

    • リターンを受け取れない可能性がある
    • 投資型の場合は元本割れする可能性がある
    • 原則キャンセルできない
    • システム利用料が必要なケースがある

    クラウドファンディングを装った詐欺が横行しているため、支援する際は信頼できるプラットフォームを利用しましょう。

    クラウドファンディングの流れ

    クラウドファンディングに参加するとどのような流れでプロジェクトが進行するのか、実行者の場合と支援者の場合に分けて解説します。

    実行者の手順10ステップ

    クラウドファンディングに挑戦する場合の手順は以下の10ステップです。

    1. プロジェクトの目標を考える
    2. クラウドファンディングの種類を選ぶ
    3. クラウドファンディングサイトを選ぶ
    4. キュレーターに相談する
    5. プロジェクトページを作成する
    6. 広報活動をして支援者を集める
    7. 審査に通ったらプロジェクトの公開
    8. 支援者にお礼のメッセージを送る
    9. 支援者に活動報告をする
    10. プロジェクト終了後にリターンを送る

    クラウドファンディングに安心して挑戦するには、準備からプロジェクト終了まで2~4ヵ月は必要です。意外とやることが多いので、上記の流れを把握して計画的に進めましょう。

    なお、クラウドファンディングのやり方については、関連記事「クラウドファンディングのやり方とは?始め方のコツを10の方法で解説【2023年最新】」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

    支援者の手順5ステップ

    応援したいプロジェクトを見つけたら、さっそく支援してみましょう。やり方は、基本的に以下の流れでおこないます。

    1. クラウドファンディングサイトでアカウントを作り、ログインする
    2. 支援したいプロジェクトを探す
    3. 支援金額やリターンなどを決める
    4. プロジェクトページから支援の申し込みと支払手続をおこなう
    5. リターンがある場合は受け取る

    支援を申し込んだら、実行者に応援メッセージを送ったり活動報告を見たりして、プロジェクトの動向を見守りましょう。

    なお、クラウドファンディング購入型の支援方法については、関連記事「クラウドファンディングで商品を購入する方法【簡単・安全】」にて詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

    クラウドファンディングの主なサイト

    クラウドファンディングサイトは数多くあるため、どのプラットフォームを利用すればいいか迷ってしまう方もいるかもしれません。

    そこで、ここでは国内最大級の大手クラウドファンディングサイトを3つ紹介します。

    CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

    国内最大規模で幅広いジャンルをカバー

    Makuake(マクアケ)

    CAMPFIREに次ぐ大手。ふるさと納税型も展開

    Readyfor(レディーフォー)

    日本で初めてのクラウドファンディングサイト。地域創生や社会貢献ジャンルに強い

    クラウドファンディングサイトは、この3つのほかにも多数あります。

    関連記事「【2024年最新】クラウドファンディングサイトをタイプ別に徹底比較!おすすめサイトは?」では、種類別に30以上のプラットフォームを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

    クラウドファンディングの見返りの例

    プロジェクトを支援する楽しみの1つに、リターン(見返り)選びがあります。過去に話題になったプロジェクトのリターンをみてみましょう。

    プロジェクトの目的リターンの例
    映画「えんとつ町のプペル」の前売り券を全国の子どもたちにプレゼント西野亮廣さんのオンライン講演会
    ロケットの打ち上げ打ち上げボタンを押す権利
    映画「この世界の片隅に」の公開エンドロールに名前を表示できる権利
    小児がんと闘う子どもを中日ドラゴンズの試合へ招待観戦チケット・試合後にグランドに降りることができる権利など
    ホームレスだが結婚式がしたい飲み放題の結婚式に招待

    クラウドファンディングサイトには、オリジナリティあふれるさまざまなプロジェクトが勢ぞろいしています。見ているだけでも楽しいので、ぜひ一度のぞいてみてください。

    【実行者向け】クラウドファンディングを成功させる3つのコツ

    クラウドファンディングを成功させるには、以下のポイントを押さえておく必要があります。

    • 目的を明確にする
    • 共感されるストーリーを考える
    • 集客に力を入れる

    順に解説しますので、ぜひ参考にしてください。

    目的を明確にする

    クラウドファンディングに取り組むにあたり、最も大切なプロセスは目的を明確にすることです。

    「クラファンの目的は資金調達なのでは?」と疑問に思われる方もいるかもしれません。実はクラウドファンディングは近年、マーケティング手段として大きく注目されています。

    たとえば、企業ではクラウドファンディングを以下のような目的で利用しています。

    • 商品やサービスのPR
    • 商品や自社のブランディング
    • テストマーケティング
    • 販路拡大

    何を目的にするかで成功の定義が異なるので「何のために取り組むのか」「プロジェクト終了後はどうありたいのか」などを、最初の時点で明確にしておきましょう。

    共感されるストーリーを考える

    クラウドファンディングを成功させるには、支援者に「応援したい」という強い感情を喚起させる必要があります。

    それには「共感されるストーリー」が欠かせません。プロジェクトに対する熱い想いを、苦労話などを交えながら感動のストーリーに仕立て上げるのです。

    人は感情を揺さぶられると行動したくなる生き物です。プロジェクトページは「読者の心を動かす」ことを念頭において作成しましょう。

    集客に力を入れる

    クラウドファンディングが成功するか否かは、最初の数日が勝負です。公開と同時にスタートダッシュを決めるには、事前にどれだけ多くの支援者を集めておけるかがカギになります。

    主な集客方法は以下のとおりです。

    • インスタグラムやX(旧ツイッター)などのSNSで発信
    • 見込み客へのメルマガ
    • ホームページでのお知らせ
    • プレスリリース
    • 有料広告

    これらを駆使して、プロジェクト公開までに1人でも多くの支援者を確保しておきましょう。

    なお、関連記事「クラウドファンディングをビジネスで活用【注目】成功事例を交えて解説!」では、クラウドファンディングをビジネス活用される方に向けて、成功のコツや注意点などを詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

    クラウドファンディングの成功事例3選

    ここでは、弊社あおにが携わったクラウドファンディングの成功事例を3つ紹介します。

    成功事例1:複数回チャレンジしてECサイトの立ち上げにつなげる

    バッグ製造会社の株式会社エルグラン様は、複数回クラウドファンディングに挑戦することによって、支援者を増やし続けています。

    5年間の間に合計18回もプロジェクトを立ち上げ、支援者と信頼関係を構築して根強いファンを育てることに成功。この経験は、その後のECサイトの立ち上げに大いに役立っています。

    実は、クラウドファンディングは回数を重ねるほどデータが蓄積されるため、成功率が上がる傾向があります。

    エルグラン様の事例は、長期的な経営戦略にクラウドファンディングを取り入れて成功した好事例だといえるでしょう。

    成功事例2:広告費を抑えつつ商品の魅力を全国に発信

    河西青果株式会社様は、クラウドファンディングで熱いレタス愛を訴えかけて商品PRに成功されています。

    当初は知名度が低く、ネット通販に出品しても売上が伸びずにもどかしい思いをされていたそうです。

    クラウドファンディングなら広告費を抑えつつ全国に向けて宣伝できることが分かり、味が濃くて甘みのあるレタスの魅力を全国に発信。

    一般のレタスとの違いを丁寧に伝えて、多くの人に関心を持ってもらえるようになりました。

    成功事例3:目標金額の784%を達成

    有限会社世古林業様は木材の有効活用を経営の核とし、端材を使った魅力的な工芸品を数多く商品化されています。

    そのなかの1つ「伊勢神宮の御山杉を使った御朱印帳」では、クラウドファンディングで784%もの支援金を集めることに成功しました。

    ユーザーのニーズを的確に把握した商品開発と、御山杉の魅力を余すところなく伝えたプロジェクトページ制作が成功の要因です。

    なお、クラウドファンディングの成功事例については、関連記事「クラウドファンディングの成功例!プロジェクトを達成する極意」でも詳しく解説しています。ぜひ参考にしてみてください。

    弊社あおにでは、ただ今「30分無料オンラインミーティング」を実施しています。小規模事業者様を対象に、クラウドファンディングや経営についてのご相談を受け付けていますので、ご興味のある方はぜひ気軽にお申し込みください。

    クラウドファンディングの意味に関するよくある質問

    クラウドファンディングの初心者向けに、よくある質問をご紹介します。

    クラウドファンディングは個人的な理由で立ち上げてもいいのでしょうか?

    プロジェクトは、法人・個人を問わず誰でも立ち上げることが可能です。個人的な理由で立ち上げたとしても、まったく問題はありません。

    ただし、多くの方に共感される内容でなければ成功は難しくなるため、伝え方には工夫が必要です。

    トラブル事例にはどのようなものがありますか?

    クラウドファンディングで起こり得る、主なトラブル事例は以下のとおりです。

    • 支援者が多く集まりすぎてリターンの発送が遅れる
    • プロジェクトページで公開したアイデアが盗まれる
    • 支援金の使い道に共感を得られずSNSで炎上する

    トラブルを未然に防ぐためにも、下準備は慎重におこないましょう。

    寄付や募金と寄付型クラウドファンディングの違いは何ですか?

    一般的な寄付や募金と寄付型クラウドファンディングの違いは、贈るものと仲介場所です。

    寄付や募金寄付型クラウドファンディング
    贈るもの現金、もの現金
    仲介場所街角、寄付サイトなどクラウドファンディングサイト

    クラウドファンディングは現金のみの取り扱いで、詳しい説明があるのが特徴です。

    クラウドファンディングで集めたお金は戻ってきますか?

    購入型クラウドファンディングの場合、実施方式によって対応が異なります。

    All or Nothing方式(達成時実行型)

    目標金額を達成できなかったら返金

    All in方式(実行確約型)

    達成・未達成にかかわらず返金はなく、リターンがもらえる

    不動産投資型や融資型の場合は元本保証ではないものの、満期がくれば原則現金が戻ってきます。

    クラウドファンディングの意味とは?のまとめ

    この記事では、クラウドファンディングの意味から基本的な仕組み、成功のコツまで幅広く解説しました。

    クラウドファンディングは誰でも挑戦できる新しい資金調達方法で、近年は企業がマーケティングのために利用する事例が増えています。

    『合同会社あおに』では、クラウドファンディングを実行したい企業のためにサポートもおこなっております。記事の内容についてより深く知りたい方へ、オンラインミーティングを実施しています。

    「クラウドファンディングについて、詳しい内容が知りたい」
    「売上を伸ばすための戦略を相談してみたい」
    「Webマーケティングのやり方がわからない」

    このような経営に関するご相談を広く受け付けています。ぜひお気軽にお申し込みください。

    もう1記事読めそうであれば、こちらの記事がおすすめです。

    目次