ユニバーサルアナリティクスとGoogleアナリティクス4の差分確認表【UA】【GA4】

difference-confirmation-table

ユニバーサルアナリティクスとGoogleアナリティクス4では、指標の計測から数値が異なることはご存知でしょうか。

UAとGA4では指標の計測が違うため、同じサイトでもユーザー数やPV数などが異なります。

Googleがユニバーサルアナリティクスの計測終了を発表し、1年を切りました。無料版は2023年7月1日、有料版も2023年10月1日となっています。

Web分析では現状と過去の比較をするため、2023年7月にGA4を初めて導入したとすると、昨年のデータはUAでしか判断できなくなります。

少し話はそれますが、そもそもUAやGA4をなぜ導入しているのでしょうか。

あおにの考えは、「自社Webサイトの健康状態を知る」です。

たとえば毎年決まった時期に人間ドッグへ通っていると、昨年と今年のデータを比較し、良くなっている・悪くなっているなど、体調の変化がわかります。悪い箇所が見つかれば分析し、生活改善やダイエットなどにも取り組めます。

UAやGA4の導入は、Web事業を健康にするためにも、なくてはならないものです。

また健康状態を知る上で、過去データを蓄積することはとても大切です。しかし、蓄積するデータは同じ条件でなければなりません。

「UAで十分」
「GA4は使いにくいから、まだ導入しない」

それだけの理由でまだ導入していないと、1年後にWebサイトの分析を取り入れるとき、困ったことがおきるかもしれません。

そこで、実際にどれほどの数値が変わるのかをわかりやすくしたデータポータルを作成しました。

GAアナリティクス差分表

使い方は2ステップとなっており、ご自身のアカウントを選択するだけです。Googleアナリティクスを導入されている企業であれば、どなたでもご使用いただけます。

ぜひ一度活用ください。

『合同会社あおに』では、事業にWeb分析を取り入れたい方へのサポートをおこなっております。より深く知りたい方へ無料ミーティングを実施しています。

  • URLをコピーしました!
目次