メッセージ

    ミッションmission

    中小企業のコミュニケーション能力を高める

    ミッションmission

    あおにの意味meaning

    「あおに(あをに)」は漢字で「青丹」と書き、奈良独自の風景と土の色、また万葉集や枕詞で使用されています。

    「青丹」には諸説あり、奈良であおに(岩緑青)が採掘されたからとも、平城京の華々しい朱色(に:丹色)に、木々の緑(あお:蒼色)が映えている様からとも。華やか土地という意味もあったりします。

    そんな一つの言葉に色んな解釈があるのがとても良いです。

    枕詞・枕言葉makurakotoba

    主として和歌に見られる修辞で、特定の語の前に置いて語調を整えたり、ある種の情緒を添える言葉のこと。序詞とともに万葉集の頃から用いられた技法である。

    1. 昔の歌文、特に和歌に用いられる修辞法のひとつ。一定の語句に冠してこれを修飾し、または語調を整える言葉。
    2. 前置きの言葉。

    あをによし

    「奈良」ないし「国内」に掛かる枕詞

    枕詞とは

    物語を整えたり、物語に情緒を添える言葉。

    合同会社あおには、そんな存在になりたい。